メッセージを手書きされる方へ

ひとこと手書きで添えたいのだけれど…どんな筆記具が適しているの?

弊店の印刷方式の特性上、印刷の部分は耐水性が高く、通常の紙の上での書きあじとは異なります。

そこで、背景色が「白」「薄い色」「濃い色」のデザインに、「ボールペン」「油性ペン」「水性ペン」「筆ペン」「鉛筆」の筆記用具を、弊店で実際に試してみましたので、デザイン選びの参考にしてください。

※ 市販されているすべての製品で検証したわけではありません。予めご了承ください。

基本対応表

デザインタイプ、写真フレームタイプ、キラリッチ
背景色 ボールペン 油性ペン 水性ペン 筆ペン 鉛筆
白色
薄い色
濃い色 × × × ×
フォトリッチ
背景色 ボールペン 油性ペン 水性ペン 筆ペン 鉛筆
白色 ×
薄い色 ×
濃い色 ×

○・・・オススメです。実験では問題なく書けました。

△・・・書けないことはないですが、オススメできません。

×・・・残念ながらほとんど読めません。オススメできません。

※ 明度の低い色(暗い色)との組み合わせに注意してください。

デザインタイプ、写真フレームタイプ、キラリッチの商品は、インクの特性上、耐水性が高く水をはじきますので、インクののった(色付き)部分に水性系のペンで書くと、はじいてしまいます。

背景色が白

背景が白色のデザインは、どのタイプの筆記具でも問題なくはっきり書けて読みやすい!
お手紙大好きいつも話が長くなる・・・という方にもおすすめです。

(デザインが白い部分は「インクがのっていない部分」ですので、書き心地は通常のはがきと同じです)

手書き例-背景色が白(筆ペン)

手書き例(筆ペン)

背景色が薄い色

弊店の検証では背景が薄い色のデザインは、ボールペン、水性ゲルインキは問題なく使用できました。しかし、水性は蛍光マーカーなど不向きのものも有り。筆ペンはインクをはじくものが多く、残念ながら適していません。

手書き例-背景色が薄い色(水性ペン)

手書き例(水性ペン)

背景色が濃い色

濃い色のデザインは文字が読みにくくなるので、基本的には手書きに向いていないようです。ボールペンまたは油性ペンでなら、文字を書くことができます。

手書き例-背景色が濃い色(ボールペン)

手書き例(ボールペン)

手書き例-背景色が濃い色(油性ペン)

手書き例(油性ペン)

総合的に見ると、手書きで文字をたくさん書きたい場合は、背景色が白のデザインがおすすめです。デザイン選びの参考にしてください。

gi_write