2023年の抱負を一文字に!書初め会を開催しました!

スポット

皆さま、明けましておめでとうございます!
拶状ドットコムの広報担当です。

新しい年の始まりといえば書初め!ということで、挨拶状ドットコムの書き初め会を開催しました。2023年の「今年の抱負」を漢字一文字で表してもらう企画。数名の挨拶状ドットコムメンバーに集まってもらい、想いの丈を一文字に込めてもらいました!

今年の抱負を一文字に込めて

書道セットを目の前に、「書初めなんて久しぶりだなぁ〜」と、口をそろえる挨拶状ドットコムメンバー。

ためらうことなく一筆で書く人もいれば、何度か練習をしてから清書に挑む人もいて、それぞれのスタイルで臨んでいました。今年はどんな年にしよう?と考えるだけでも、なんだかワクワクしますね!

さて、挨拶状ドットコムメンバーの今年の抱負とは? それぞれが一文字に込めた想いをご紹介していきます!

Webマーケター Kさん『心』

つい目先のことに気持ちが寄りがちですが、先を見て広い心をもって日々行動したいと思いこの漢字を選びました。

カスタマー Mさん『教』

昨年は社内に新しい仲間が増え、物事を「教える」ことが多くなりました。それと同時に新しい意見や考え方に触れ、「教わる」ことも増えました。本年はさらに多くのことを「教え」「教わる」1年にしていきたいと思います。

生産管理 Iさん『走』

一年を振り返るといつも何かしら走り切った思いにはなるのですが、2023年はただ、走り切るのではなく、何事にも軸をもって、走る・走り切る年にしたいと思い、「走」の文字に決めました。

システムエンジニア Kさん『尊』

この漢字を選んだ理由としては好きを越えて、尊いと思えるようなモノづくりをしたいと考えたからです。挨拶状を通じて、お客さまも開発者も尊いと思えるシステム作りを目指していきます!

Webマーケター Kさん『静』

2022年は「なりふり構わず走り切る1年」でした。
全力で走る中で我を失って、感情的になったり、はしゃぎすぎたり・・・
ジェットコースターのようで楽しかったですが、後悔も多かったです。反省も含め、2023年は冷静さも自分の武器にして、静と動を使いこなせるようになりたいです。

今年の一文字、何を思い浮かべますか?

今回、挨拶状ドットコムメンバーに書初めをしてもらいながら、私自身も今年をどんな年にしたいか考えていました。

私の今年の漢字はずばり“勉”!

理由は、仕事の面でいくと昨年は自分の知識不足で未熟さを感じることがたくさんあり、まだまだ学ぶことが必要だと思ったからです。経験も大事ですが、ベースとなる知識があるからこそ実務に反映できると思うので、学ぶことに貪欲に“勉”めていきたいです。また、プライベートでは、語学“勉”強に取り組んで、広い視野を持てるよう成長したいなと思っています。

皆さんは、2023年をどのような一年にしたいですか?
もし、今年の一文字や抱負が思い浮かびましたら、この記事のコメント欄で教えてくださいね♪

そして、今年も挨拶状ドットコムをどうぞ宜しくお願いいたします!

コメント