【年賀状 書き損じ】書き損じても大丈夫!年賀はがきを無駄にしない方法

年賀状で書き損じてしまった場合、そのまま捨ててしまうのはもったいないですよね。書き損じ年賀はがきは、郵便局で交換してもらえるだけでなく、現金にも換えられるということをご存知でしょうか。この記事では、書き損じ年賀はがきの交換方法やその他の活用方法に加え、お年玉くじが当選していた場合の対応方法についてご紹介します。この記事を参考にして、書き損じた年賀状を有効活用しましょう!

書き損じはがきは郵便局で交換できる!

使い道に困った年賀状はそのままにせず、まずは郵便局で交換してもらうことを考えましょう。下記のどのパターンでも、「弔事用切手を含む通常切手」「通常はがきや往復はがき、その他の郵便はがき」「郵便書簡」「レターパック封筒およびスマートレター封筒などの特定封筒」のいずれかに交換できます。

  • 書き損じた場合
  • 古い年賀状を交換したい場合
  • 購入する年賀状の種類を誤ってしまった場合
  • 喪中になってしまった場合

以下では、それぞれの場合の交換方法に加え、交換できない場合の対処法についてもご紹介します。

書き損じた場合:手数料を支払い交換できる

年賀はがきの書き損じたものは、手数料さえ支払えば、新しい年賀はがきかその他のものに交換できます。手数料は、はがき1枚につき5円です。手数料の支払い方法としては、現金か金額分の未使用の切手となります。年賀状の販売期間であれば、新品の年賀はがきと交換することもできます。

ちなみに2019年用の年賀はがき販売期間は2018年 11 月 1 日(木)~2019 年 1 月 11 日(金)でした。交換の期限は1/10前後と覚えておきましょう

古い年賀状を交換したい場合:手数料を支払い交換できる

古い年賀はがきを今年度分の年賀はがきと交換することはできませんが、手数料を支払えば他のものに交換することができます。書き損じ年賀はがきと同様に、はがき1枚につき5円の手数料が必要です。ただし、2018年以前の年賀状は52円のため、差額として10円を支払わなければなりません。

購入する年賀状の種類を誤ってしまった場合:無料交換できる

購入する年賀はがきの種類を誤ってしまった場合、記入前であれば無料で交換することができます。年賀はがきの販売期間内であることも、無料交換の条件です。誤った種類の年賀はがきを購入してしまった場合は、気付き次第、年内に交換してもらうことをおすすめします。

喪中になってしまった場合:無料交換できる

喪中になってしまった場合も、年賀はがきの販売期間内であれば無料で交換してもらえます。既に完成した年賀状でも、消印が無ければ問題ありません。最寄りの郵便局の窓口で喪中である旨を伝え、備え付けの請求書に「住所・氏名・故人との続柄」を記入するだけで交換してもらえます。

交換できない場合もあるので注意

年賀はがきの多くは交換できますが、中には交換できないものもあります。例えば、料額印面が著しく汚れているものがこれに該当します。料額印面とは、はがきの表面に書かれている切手に類似した絵柄のことを指します。この部分が汚れている場合は、未使用の年賀はがきであっても交換できません。

書き損じ年賀はがきのその他の活用方法

書き損じ年賀はがきは、郵便局での交換という王道の方法以外にも活用方法があります。ここでは、その他の活用方法として下記の4点をご紹介します。

  • 金券ショップで買い取ってもらう
  • フリマアプリで売る
  • 懸賞の応募はがきに転用する
  • 国際協力活動へ寄付する

金券ショップで買い取ってもらう

書き損じた年賀はがきの状態によっては、金券ショップで買い取ってもらえる可能性があります。金券ショップでの買い取り依頼は、はがきなどへの交換ではなく、現金に換えたい場合に有効です。ただし、金券ショップによっては未使用のはがきのみしか買い取ってくれない場合もあるため、注意が必要です。買い取り相場は時期によって異なりますが、年明けは大体1枚25円~30円(50%~60%分)です。買い取りできない例としては、「破れている」「両面に印刷されている」「宛名不明で差し戻されたもの」などが挙げられます。

フリマアプリで売る

書き損じた年賀はがきでも、まとまった枚数があればフリマアプリに出品することができます。現金に換えたい場合に有効な手段ですが、手数料がかかることや買い取り額の低さを考えると、はがきの額面のままの金額は期待できません。また、フリマアプリは出品の最低ライン額が決められていることが多いため、年賀はがきを1枚か数枚だけ売りたい場合には向いていません。さらに、フリマアプリを利用する際は、書き損じはがきに記載されている個人情報の取り扱いに注意しなければなりません。宛名などが書いてある場合、売れにくいのはもちろんのこと、個人情報が流出する恐れもあります。取り扱いには十分注意しましょう。

懸賞の応募はがきに転用する

余った年賀はがきは、懸賞用のはがきとして活用することもできます。人によっては、懸賞の応募用として、通常はがきではなくあえて年賀はがきを購入する方もいます。通常はがきを応募の度に購入するよりも、お年玉付き年賀はがきを1年分購入した方が、お年玉が当選した分得することができるからです。例えば、番号の連続した年賀はがきを100枚購入すれば、切手シート分が必ずお得になります。なお、年賀はがきを応募はがきとして使用する際は、「年賀」の朱書き部分を黒のボールペンを使って二重線で消します。額面が62円分になっているかも確認しましょう。差出人が家族連名で印刷されている場合は、自分以外の名前を消した方が、応募者が誰か分かりやすくなります。

国際協力活動へ寄付する

書き損じ年賀はがきや余った年賀はがきは、国際協力活動や慈善団体へ寄付して役立てることもできます。「投函されていないこと」「料金額印面が汚れてないこと」「私製はがきでないこと」の3点が、寄付する上での条件です。以下では主な寄付先をご紹介します。

  • 「チャイルド・ファンド・ジャパン」

    書き損じはがき10枚で、子どもたちが使う座布団を1つ贈ることができます。書き損じはがきが140枚あれば、子どもたちが使える低い机を1つ贈ることもできます。書き損じはがきを通して、子どもたちが勉強する際の手助けをすることができます。

  • 「日本ユネスコ協会連盟」

    未使用のはがきをまとめて送付することで、世界寺子屋運動で活用してもらうことができます。50円のはがきは45円の募金に換算されます。例えば、書き損じはがき1枚でネパールへ鉛筆を7本届けることができます。

  • 「日本盲導犬協会」

    未使用のはがきを送付すると、日本盲導犬協会が切手と交換し、活動に関わる通信費として活用してもらえます。

  • 「日本点字図書館」

    未使用のはがきを送付すると、日本点字図書館が切手と交換し、日本点字図書館の通信費として活用してもらえます。

このように、様々な団体が書き損じや余ったはがきによる寄付を求めています。要らないからといってすぐに処分してしまうのではなく、意義のある活用方法を検討してみましょう。

【コラム】書き損じ年賀はがきのお年玉くじが当選した場合は?

書き損じや未使用の年賀はがきでも、お年玉くじが当選した場合は賞品と引き換えてもらうことができます。お年玉付き年賀はがきとは、年賀状にお年玉くじが付いるものを指し、番号が当選すると郵便局の窓口で切手シートやふるさと小包などと引き換えることができます。景品と引き換えたはがきには確認印が押されますが、そのままはがきとして使用することも可能です。
抽選は例年1月に行われます。1等は現金、もしくは同額相当のプレミアム賞品のいずれかを選ぶことができ、2等はふるさと小包、3等は切手シートという内容です。年賀はがきに必要なものは、「当選した年賀はがき」と「本人確認ができる証明書」の2点です。書き損じや未使用はがきでも当たっている可能性があるため、賞品の引き換え期間には必ず番号を確認しましょう。

まとめ

この記事では、書き損じはがきや古いはがきなどを郵便局で交換する方法や、金券ショップでの買い取り、フリマアプリへの出品といったその他の活用方法についてご紹介しました。また、喪中になってしまった場合やお年玉くじが当選した場合についても触れました。使い道に困ったはがきでも、ちょっとした手間をかければ、有効活用できることをお分かりいただけたかと思います。書き損じ年賀はがきが出てしまっても気を落とさず、自分に一番合った方法で活用しましょうね。

c_writingmistake